2010年12月07日

痛風の治療と予防

高尿酸血症・痛風の改善が気になる生活習慣病をよくする

高尿酸血症・痛風.jpg

晴れ暮しと健康 2011年 01月号 [雑誌]


暮しと健康 2011年1月号
(2010/12/2発売)
特集:高尿酸血症・痛風の改善が気になる生活習慣病をよくする!
足の第一指の付け根が腫れ、吹く風が当たるだけでも激痛が走ることからその名がついたといわれる「痛風」。全国の痛風患者数は、今や100万人、予備群の高尿酸血症にいたっては1000万人になるともいわれています。食生活が豊かになった現在では決してぜいたく病ではなく、誰もがかかり得る疾患です。診断と治療法に加え、解明されてきた生活習慣病との関係を大特集。










痛風 - Wikipedia
痛風(つうふう、gout)は、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患。名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節を移動し尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す(痛みの悪風に中(あた)る意、または吹いた風が当たっただけでも痛む、の説もある)ことから命名された。

痛風の原因:痛風における関節炎は、関節包内に析出した尿酸の結晶に対する炎症反応である。従って、高尿酸血症がその原因の一つである。ただし、高尿酸血症の患者で実際に痛風をおこす患者はごくわずかである。そこで、痛風を起こすことになる直接の原因は別にあるとする考え方も存在する。米国で、高尿酸血症の患者に尿酸値を下げる薬を処方しないのはその考え方に基づいている。実際、痛風は高尿酸血症の治療薬によって急激に尿酸値が低下したときにも起こることがある。

痛風の症状:関節に激烈な痛みが起こり、発熱を伴う。体温の低い部位ほど尿酸が析出しやすいため、痛風発作は足趾(母趾)に好発する。最初に痛む部位は大抵、足の親指のMP関節である。病状が進むと足関節、膝関節まで進行する。発作を繰り返すたびに症状は増悪する。発作の痛みは骨折の痛み以上といわれ、非常に苦痛を伴う。

痛風の治療:対症療法(好中球の活動抑制、炎症鎮痛、患部の管理、緩やかな尿酸の排出、尿酸値上昇要因の排除、の5手法併用を以って行う。)










痛風・高尿酸血症を治すおいしいバランス献立.jpg

晴れ「痛風・高尿酸血症を治すおいしいバランス献立」(詳細クリック!)


めんどうな栄養計算なしで痛風・高尿酸血症の食事療法が実行できる。痛風発作を予防し高尿酸血症を改善する理想的な献立がたちまち完成。主菜・副菜・低エネルギーおかずを好みで選んで組み合わせる簡単な仕組み。カラー写真とわかりやすい作り方でおいしい代表的なおかずを完全網羅。五訂食品成分表に準拠してエネルギーも栄養バランスも万全、安心。気になる尿酸値を下げて激痛発作や合併症を予防する決定版献立集。










(*)痛風・高尿酸血症のポータルサイト(公益財団法人痛風財団)
http://www.tufu.or.jp/
痛風の知識。痛風の原因と対策。痛風の治療。食品・飲料中のプリン体含有量。など。


(*)名医の図解 痛風を治す生活読本

(*)尿酸値を下げたいあなたへ

(*)お医者さんが成功した ビールを飲んでも通風は治る







晴れ病気の治療 予防 病気 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-index.html
高尿酸血症・痛風の改善が気になる生活習慣病をよくする




痛風 掲示板
ラベル:痛風 痛風の治療
posted by 治療と予防 at 05:43| 痛風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする