2013年02月25日

血糖値を下げる方法

血糖値を下げる方法(1)
食事のメニューや量が同じでも、最初に野菜を食べると血糖値の上がり方がゆるやかになるそうです。
血糖値を下げる方法.jpg

かわいい「糖尿病がよくなる!食べる順番療法」


「食事の最初に野菜」で食後血糖の変動は減少
http://nkbp.jp/X93rCD
炭水化物の前に野菜を食べることで、2型糖尿病患者、耐糖能が正常な被験者(NGT)のいずれにおいても、食後の血糖変動幅を減らせることが示されました。


糖尿病がよくなる!食べる順番療法









血糖値を下げる方法(2)
食事の前に、食物繊維の粉末を飲み物や食べ物に添加して、食後血糖の上昇を抑制する。
難消化性デキストリン
かわいい「難消化性デキストリン」

デキストリンとは、デンプンを酸や酵素で加水分解する過程で得られる中間物質の総称です。(なお、デンプンを加水分解すると、最終的にはグルコースになります。)
デキストリンは、水溶性なので容易に消化、吸収されますが、分子量が大きくなるにつれて、溶解性は低下していきます。つまり、難溶性になります。
デキストリンは、工業的には、とうもろこしや、じゃがいもなどのデンプンから作られますので危険な物質ではありません。

難消化性デキストリン(難消化デキストリン)は、デキストリンの中で難消化性部分を分離精製して得られ、これは、小腸では分解されない難消化性の食物繊維として使われています。(食物繊維は第6の栄養素とも言われます。)
「難消化性」というのは、消化を遅らせる性質で、この性質が、役に立つのです。
例えば、糖の吸収スピードを遅らせると、食後の血糖の上昇を抑制できたりします。
また、脂肪の吸収スピードを遅らせると、食後の中性脂肪の上昇を抑制できたりします。
難消化性デキストリンを成分とした特定保健用食品(トクホ)も許可されています。

ほとんど無味なので、粉末をスプーンですくって、飲み物や食べ物に添加しても、味が変化することなく、摂取できます。










<まとめ>

上記に挙げた2つの血糖値を下げるための工夫は、
(1)食べる順番を工夫する。
(2)食べた物の糖の吸収スピードを遅らせる。









<特保のコーラ>
ペプシスペシャル

ひらめき「ペプシ スペシャル」

食事から摂取された脂肪は消化酵素によって分解され、胆汁酸に包まれた胆汁酸ミセルとなり消化管に運ばれます。
胆汁酸ミセルは小腸粘膜で壊れて、中の脂肪が放出され、体内に脂肪として吸収されます。
天然のでんぷんから作られる難消化性デキストリンには胆汁酸ミセルを安定化させる作用があります。
食事と一緒に難消化性デキストリンを摂ると、胆汁酸ミセルを安定化させ小腸粘膜からの脂肪の吸収を抑制し、脂肪の排出が増加します。
脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が気になる方の食生活改善に役立ちます。









いい気分(温泉)小さな幸せ
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

いい気分(温泉)ありがとう
http://arigatooo.exblog.jp/





<効能からさがす温泉宿>


posted by 治療と予防 at 23:07| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする