2017年05月05日

アディポネクチンを増やす方法と動脈硬化や糖尿病との関係

アディポネクチン adiponectin
アディポネクチン.jpg


脂肪細胞から分泌される生理活性物質(ビタミン、ミネラル、酵素、ホルモンなど)を、アディポサイトカイン(adipocytokine)あるいは、アディポカインと言いますが、アディポネクチン(adiponectin)とは、その中の1つで、脂肪の燃焼や糖の取り込みを促進するホルモン様の物質です。
アディポネクチンは、脂肪組織から産生分泌され、インスリン(インシュリン)に対する感受性を上昇させる活性があるとされ、肥満や糖尿病や動脈硬化やメタボリックシンドロームやアンチエイジング(抗老化)との関連が注目されています。

また、アディポネクチンは、「若返りホルモン」とか「長生きホルモン長寿ホルモン)」とか「善玉ホルモン」とか「ミラクルホルモン」などとも言われ、テレビ番組などのメディアでも紹介されています。

一般人のアディポネクチンの平均値は、血液1ml当たり5μg(マイクログラム)から10μgだそうです。

唐辛子、ショウガ、わさび、ネギなどの食材は、アディポネクチンの分泌を刺激してくれる、つまり、アディポネクチンを増やしてくれるそうです。ただし、すぐに効果があるわけではなく、長年摂り続ける事が大事のようです。

運動不足などから肥満になった人や、2型糖尿病の人で、内臓脂肪が多くなるとアディポネクチンの分泌量は減少し、動脈硬化や糖尿病、ガンなどのリスクが高まることが分っています。

ちなみに、アディポネクチンは1995年に大阪大学医学部の松澤佑次(まつざわゆうじ)教授(当時)によって発見されたそうです。
(ノーベル賞に値する発見・研究だと思います。)
また、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の提言者でもあります。

その後、東京大学病院の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科)らの研究チームが、アディポネクチン受容体を活性化する「アディポロン(AdipoRon)」(アディポネクチン受容体活性化低分子化合物)を発見したことを科学誌「ネイチャー(Nature)」電子版2013年10月31日付で発表。

新薬の開発が期待されますが、糖尿病治療と予防の基本は、食事と運動(特に、有酸素運動)で、体重管理が大事のようです。


(*) メタボそしてアディポネクチンとは
http://goo.gl/yj2SmA
大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学 下村伊一郎教授の健康セミナーでのアディポネクチンの解説。

(*) 脂肪細胞とインスリン抵抗性
http://goo.gl/LzvcYg
星薬科大学の鎌田勝雄先生(故人)のサイト。
脂肪細胞から遊離される種々の物質として、アディポネクチンの解説。

(*) 糖尿病 夢の治療薬開発に向けて
http://www.ampo.jp/movies/vol70
東京大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝内科の門脇孝教授が、糖尿病の治療薬として期待されるアディポロンについて動画で解説。

(*) 有酸素運動と無酸素運動
http://goo.gl/lzrHTp
おか調剤薬局のサイト。有酸素運動の例は、ウォーキング、エアロバイク、ゆっくりした水泳などで体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させて使います。

(*) 糖尿病の治療
http://goo.gl/fLlOmt
大日本住友製薬のサイト。糖尿病の治療は、「血糖値をコントロールし、合併症の発症や進行を防ぐ」ために行います。治療の基本は、食事療法と運動療法です。









超善玉ホルモン「アディポネクチン」で健康長寿になる










内臓脂肪を減らすサプリ
内臓脂肪.jpg
内臓脂肪を減らすサプリ








小さな幸せ

私の事典

意味










癒しの動画 おすすめチャンネル








posted by 治療と予防 at 23:33| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

血糖値スパイク

血糖値スパイク.jpg



血糖値スパイクとは、急激な血糖値の変動(急上昇、および急降下)のことです。
グルコーススパイク(ブドウ糖スパイク)とも言います。


スパイク (spike) は、とがったものを示す言葉です。ここでは、とがった波形を持つ瞬間的に上昇・下降する電気信号(グラフ)の意味です。
(一般的な意味では、野球の選手が履くスパイクや、バレーボールのアタックを意味するスパイクなどがあります。)

食事をする時は、食物繊維たっぷりの野菜(ゴボウ,アボカド,ほうれん草,枝豆)や、昆布やワカメなどの海藻類から食べ始めることで、食後血糖値の急上昇を防ぐことが期待されます。


食物繊維を含む食品、サプリメント
食物繊維

🎀「食物繊維を含む食品、サプリメント」










NHKスペシャル“血糖値スパイク”が危ない〜見えた!糖尿病・脳梗塞の新対策
放送日時; 2016年(平成28年) 10月8日(土)PM8:43〜

血糖値スパイクの解説とその予防や対策の情報(食事や生活の工夫)です。
糖質(炭水化物、砂糖など)を多く含む食事のすぐ後の短時間にだけ、血糖値が急上昇し、やがてまた正常値に戻る。それが、血糖値スパイクです。
血糖値スパイクを放置すると、体内の重要な血管が傷つけられ、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死のリスクが高まることが、最新研究で突き止められました。
また、血糖値スパイクは、スリムな若い女性たちでも起きていることがわかってきています。











💕小さな幸せ

💕私の事典

💕ありがとう

💕意味









治療と予防の掲示板

病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報






posted by 治療と予防 at 01:12| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

糖尿病患者に配慮した冷たくて美味しいデザートは低カロリーで血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富です。

ララクラッシュは、健康に配慮した美味しいデザートです。
ララクラッシュ価格.jpg

かわいい蒟蒻畑ララクラッシュ


こんにゃくゼリーの類も、案外、糖分が多かったりするのですが、「蒟蒻畑 ララクラッシュ」は、健康に配慮した美味しいデザートです。


従来の蒟蒻畑(こんにゃく畑)と、蒟蒻畑ララクラッシュの成分を比較してみます。
(りんご味で比較)
こんにゃく畑ララクラッシュの成分表.jpg


ララクラッシュの方が、低カロリーで、糖質も少なくなっています。
逆に食物繊維は、多くなっています。

蒟蒻畑ララクラッシュには、トクホのマークが付いています。トクホ(特保;特定保健用食品)とは、安全性と有効性について国の審査を受けて、健康への効果の表示が認められた食品です。


難消化性デキストリンという堅苦しい名前の物質が食物繊維として含まれています。
デキストリンとは、デンプンを酸や酵素で加水分解する過程で得られる中間物質の総称です。(なお、デンプンを加水分解すると、最終的にはグルコースになります。)
デキストリンは、水溶性なので容易に消化、吸収されますが、分子量が大きくなるにつれて、溶解性は低下していきます。つまり、難溶性になります。
デキストリンは、工業的には、とうもろこしや、じゃがいもなどのデンプンから作られますので危険な物質ではありません。
難消化性デキストリン(難消化デキストリン)は、デキストリンの中で難消化性部分を分離精製して得られ、これは、小腸では分解されない難消化性の食物繊維として使われています。(食物繊維は第6の栄養素とも言われます。)
「難消化性」というのは、消化を遅らせる性質で、この性質が、役に立つのです。
例えば、糖の吸収スピードを遅らせると、食後の血糖の上昇を抑制できたりします。
また、脂肪の吸収スピードを遅らせると、食後の中性脂肪の上昇を抑制できたりします。

特に、糖尿病患者にとっては、食物繊維によって、糖質の吸収速度を遅くして、血糖値の急激な上昇を抑えることはありがたいことです。

コストパフォーマンスもよいと想います。蒟蒻畑ララクラッシュの価格は、1個あたり約15円です。ネットでまとめ買いしたらさらに安くなりそうです。

糖尿病患者に配慮した冷たくて美味しいデザート

糖尿病患者に配慮した冷たくて美味しいデザートは低カロリーで血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富です。









揺れるハート小さな幸せ
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

実るほど頭を垂れる稲穂かな







posted by 治療と予防 at 20:50| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする